人気ブログランキング |
NEW POST

千葉県M市の屋上に集まるカラスの大群・・・音を聞かせた結果(動画あり)【鳥獣被害対策】

こんにちは。サウンズのMです。
11月も中旬になり、一気に寒くなりました⛄


そんな11月は、カラスが群れとなり最も多くなる時期なんです。

ヒナも成長し、この時期になると、山などを拠点に集団で生活するようになります。


遡ること10月上旬、千葉県のある会社様よりこんなご相談が・・・

「毎年この時期になると屋上に集団でカラスがとまり、下を歩く一般の方々や従業員へのフン害や、騒音被害が起きて困っている」


とのことで、建物の屋上にてカラス対策を行いました。
その際にカラスが 逃げ出すところを定点カメラでキャッチ できたので、ご紹介致します。


僕が色々とお話しするよりも、まずは、こちらの動画をご覧ください。(1:30秒ほどです)




動画の前半では、止まっていたカラスの鳴き声が段々と騒がしくなり、その後一斉に飛び立つ瞬間をカメラで捉えることができました。


この装置の特徴でもある、音をしっかりと聞いてもらい、カラスにとって危険な音であると認識させて、追い払う方法が撮影できました。爆音機のように脅すものではないので、とても大きな音が出ている訳ではありませんが、しばらくしてカラス達は飛び去って行きました。



始めの方は、屋上の縁にピタッと止まって動かないカラスが数羽確認できます。一説には偵察部隊がいると言われていますが、僕には、この数羽がその偵察部隊に見えました。危険かどうかを偵察しているのでしょうかね???

この音を聞かせたときに、カラスやサルなど知能が高いと言われている動物ほどよく見られる行動なんですよ~。



動画の後半では、2日後の様子を撮影しています。
今まで、ずっと自分たちが止まっていた場所なので、まだ周辺を飛んでいます(鳴き声が聞こえます)。


しかし、音の届く範囲(止まっていた縁)には止まることができません。カラス達はしっかりと自分にとって危険な音であると認識しており、飛来することをためらっています。

後は、音を鳴らしておけば、周辺を飛ぶことも無くなるようになるのではないでしょうか。(10年間、防鳥ネットを張らず、音によるカラス対策を行っている梨農家様の記事はこちらのURLから → https://animalbird.exblog.jp/239611265/


カラスを始め、ハトやムクドリも都市部に多く現れるようになりました。農家様だけでなく企業様や町の方々からもお問い合わせをたくさん頂いております。

鳥は、まず、高い所にとまり、周辺の様子を伺ってから飛来する傾向が強いので、会社・工場周辺や敷地内、また、街中で被害に遭われている方々は、1度屋上をご覧になってみると、たくさん鳥が集まっているフンや羽根などの痕跡が見つかるかもしれません。


今回は、実際にカラスが逃げ出す瞬間をキャッチできたので、動画付きでご紹介させて頂きました。同じようにお困りの皆様のご参考になれば幸いです。ではまた。


サウンズのホームページは→ こちらをクリック

今回の動画で使用している装置 ガドリオンは→ こちらをクリック



千葉県M市の屋上に集まるカラスの大群・・・音を聞かせた結果(動画あり)【鳥獣被害対策】_a0321697_15065814.jpg

by otodetori | 2019-11-19 15:06 | カラス

音による鳥獣対策の装置として世界で初めて特許を取得した製品を取り扱う(株)サウンズの新入社員M君による活動報告ブログです。


by サウンズ情報部 新入社員M君